美里のつぶやき


19年3月 ***
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

過去のつぶやきリスト


着付け練習 2019/03/13
お嫁さんに結婚式参列で着付けを頼まれいた。 ここ2年 成人式のお手伝いもしていないので 念のため1回練習をお願いしてあった。やっておいて良かった。無地なのだが裾に柄が入っていて なんと比翼が付いていて 紋もついているので 格の高い 訪問着か色留めそでなるのかな?重ね襟 希望なので その比翼の扱いが?で着付けの友人に確認することに。上半身の補正が甘かった。二重太鼓は結ばずに折り上げて 仮ひもで押さえるのが一番良さそう。練習しておいて良かった。

無事帰宅 2019/03/12
ショートステイから無事帰宅。房総半島を通ったとか でも自宅と理解したようで 思ったよりは早くに いつもの父に戻った。何も食べてないとカミングアウト。そんなわけはないのだが お茶飲んで 夕食食べて 帰宅した弟の顔をみて ホッとしたことと思う。父は 父なりに頭の中で 色んなことを考えて感じて 不安の中で生きていることは想像できる。お疲れ様。

カレー 2019/03/09
朝 カレーを作って 私は歌おう会に。父は姉がデイセンターのお迎えの車へ。夕方のお迎えに 私が間に合いそうにないので お迎えも姉に依頼。夕食を一緒に食べて ラインの設定等 お互いに確認して カメラ電話までしてみた。これを使えば 父も遠い姉と 顔をみて話すことが出来そう。姉帰宅。私はお泊りで 明日 2泊のショートステイに父を送りだす予定。4月20日にボランテイア決まりそう。選曲からプログラムが決まるまでが大変!

姉お泊り 2019/03/08
朝 5時に実家へ。鹿児島での結婚式参列の弟を駅に送り 昼食を姉と一緒に食べて私は帰宅。久しぶりに娘二人が揃って 父は嬉しそう。

コンサート 2019/03/07
夜 コンサートを聞きに。若いシングソンガーが二組。夢を追いかけて一生懸命の若者たち。オリジナル曲で勝負している。好きな歌で 人生を生きていけるように エールを送りたい。

アルビノーニのアダージョ アップ 2019/03/05
なんとも素敵な旋律。もともとは 長いクラシック曲。吹けそうなメインテーマだけで楽譜にしてあった。繰り返して 5Cとピッコロで吹くことに。素敵だと思うのは私だけではない。ララ・ファビアンという 女性歌手が 歌詞を付けて歌っている。歌詞も素敵だが ララファビアンの 歌が伝わってくる。そんなわけで益々 好きになった曲。アップ出来て嬉しいかな。

The Moment ケニーGアップ 2019/03/04
楽譜にしてあったが 著作権の確認が とれずに ずっと保留にしてあった。再度 JASURACで検索してみたら なんと Moment The でありました。見つけ出せて嬉しい。ケニーGのソプラノサックスうの幸せ感を 感じさせる演奏には 程遠いけれど 好きな曲なので録音してアップ。ホームページにも貼り付けることが出来る。嬉しいかな。

ジョブスにありがとう! 2019/03/03
TVで アップル社を立ち上げた ステーブン ジョブスの再放送をめみた。アップルパソコン ipod itune を使うことはなかったけれど 彼の存在がなければ 私だけではない 世界の人々が 今の豊かな人生を楽しむことが出来なかったと思う。スマホ 写真でとり 動画をみて 家族 周りの人々のコミュニュケーションが 繋がっている。私の中では ノーベル賞をあげたい。音楽を作ったり 楽譜入力したり You Tubeにアップしたり 素敵な音楽を聴いたり 見たり。ジョブスが存在してくれたことに ありがとうを伝えたい。

着付け練習しなくては 2019/03/02
17日にお嫁さんが結婚式出席の着付けを頼まれたのです。ここ2〜3年 成人式のお手伝いもしていないし 自分で着るのも肩があがらす 断念状態。着物はもう着ることもないかもと思っている。一番良い結び方 着装を思い出すことに。昔 装道にお金を随分 投資しました。形にしなくてはです。着ていない着物も サイズがあえば貰ってもらえたらと思っているところ。そんなわけで 名古屋帯 二重太鼓が 結べれば良い。ちょっと 思い出して 伝えられたらいいなと思っている。今はスマホで動画も見れる。何でも教えてくれるのです。

出来た! 2019/03/01
シークレットガーデンのアダージョと アルビノーニのアダージョのアダージョ 2つのwave ファイルを繋げて 5分以内にしたかった。audasity で出来るのでは? とネット検索調べたら 詳しく教えてくれました。演奏用の伴奏CD作成成功。何とかなるものです。嬉しいかな。



2019/01 > 2019/02 > 2019/03

Topへ 美里の庵へ戻る



created by HAPPY-GO-LUCKY